協会概要

  • ホーム>
  • 健康住宅普及協会について>
  • 協会概要

シンボルマークの意味

シンボルマーク
カナリア=住空間全体の安全性を表現
住環境として内外の安全性への配慮
躯体の安全性・耐久性・快適性を表現
住宅の安全性と耐久性に対する信頼性への配慮
自然と住む人との共存を表現
四季の変化に対応し、自然環境を生かした快適性への配慮
自然との共生を表現
住環境としての敷地や地中を含めての安全性と自然共生との追求を配慮

協会概要

研究開始 1990年8月23日
協会設立 1992年10月1日
NPO法人化 2001年11月1日
設立目的 会員相互及び関係諸機関との連携による共同研究を行うことにより、「人が安全でかつ快適に暮らせ、そして耐久性の高い器」である健康住宅を広く社会に建設し、普及することにより、国民の保健及び福祉の増進、健康なまちづくりの推進並びに環境の保全を図ることを目的とする
指導官庁 厚生省労働省 健康局 生活衛生課
会員数 26社(2013年4月現在)
役員 理事長 須藤千春(元中部大学教授)
副理事長 1名
常任理事 1名
理事 8名
顧問 2名
監事 1名
主な活動
  • 健康住宅認定制度
  • 住まいの健康診断(ダニ、カビ、屋内化学物質)の実施
  • 補助金による研究事業
  • 多彩なネットワークを活用したセミナー・研究会の開催
  • 会員への各種情報提供、関係機関への積極的な情報発信
  • 地域密着の活動
  • 一般生活者への健康と住空間に関する啓発活動
  • 健康住宅に関する相談窓口の設置